わが家のトンスケ

aterui55.exblog.jp ブログトップ

謹賀新年



新年あけましておめでとうございます。
妻とともに、自宅で正月を迎えております。
パソコンを見ることもできます。
いつもと変わらない部屋ですが、トンがおりません。

暮れに、妻が家に戻ったその日の朝、トンはじっとして動きませんでした。
いつも診てもらっているクリニックに行き、治療してもらいました。
ニンジン汁も飲みましたが、夕方、私たちの腕の中で静かになってしまいました。

トンが家に来て7年になります。
毎日、毎日の、
数えきれない思い出に、感謝いっぱいです。
みなさんからもたくさん可愛がられてきました。
ありがとうございます。

新年最初のブログに、このようなメッセージを載せることはどうかな?
と思いましたが、トンが主人公のブログですので、懐かしい写真とともに
お別れをさせていただきます。

妻は、仕事(郵便局)の再開を目指し、通院し療養しております。
私は、自分のブログの再開を新年の目標といたしました。
あせらず、気長にやっていきたいとおもっております。



☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆



娘が連れてきた頃、両手にすっぽり入るぐらいの大きさだった。
体重は300gぐらい。
娘がディズニーの「とんすけ」から名づけた。

e0196453_1003430.jpg

















小さい頃、椅子の上のこんな狭い場所がお気に入りだった。

e0196453_1012932.jpg

















大きい瞳に引きこまれる。
無垢だなあ、と何度感心したことか。

e0196453_1019262.jpg


















時々、こんな表情でパイン菓子をねだった。
そうか、そうか、よしよし‥‥

e0196453_10232521.jpg






















段ボール箱を置くと、すぐに寄ってきて遊び始めた。

e0196453_10251765.jpg




















妻の膝の上で小松菜を食べる。
パリパリと小気味のいい音だった。

e0196453_10265080.jpg




















目をつむってウトウト‥‥こんな姿を見せるのは、ほんとう珍しかった。

e0196453_1027546.jpg



















昨年春、突然、食欲がなくなりピンチ。
1週間、ケージの横に添え寝した。
クリニックでは「高齢だから、どうかな?」と言われたけど、よみがえったよ。

e0196453_10321128.jpg


















毛づくろいの姿はまるで猫のよう。
前足(手?)、後ろ足で、けっこう入念だなあ。

e0196453_10342118.jpg






















朝、ケージから出てくると、身体を伸ばしてあくびをした。
一瞬のことで撮影が難しかったけど、やった!!

e0196453_1038930.jpg
















昨年の夏はとっても暑かった。
トンは一番涼しい場所を選んで横になった。

e0196453_1036457.jpg
















妻が台所にいると、トントン走って行き、足元に‥‥
得意そうな表情に見えたよ。

e0196453_1039527.jpg



















トンがいろんな雑草を食べることを知った。
外来種のブタナの花も好物だった。

e0196453_10403951.jpg


















妻が飲んでいたのは桑茶なのに‥‥‥よほど、おいしそうに見えたのかな?

e0196453_10431927.jpg



















膝の上で、妻になでなでしてもらったら、でれ~とした表情。
よほど安心したのかなあ。

e0196453_10451077.jpg
















体重計に乗せたら、落ちつかなったなあ。
体重は1,800グラムぐらい。ずっと変わらなかった。

e0196453_10463557.jpg
















もぐる習性があるのか? 衣類に入ってよく遊んだ。
この尻尾、なぜ白いのかな?天敵に襲われやすいのに?? 
いつも不思議だなあ、と思ってきた。

e0196453_1050403.jpg
















寒くなり暖房を入れたら、突然、仰向けになって足をバタバタさせた。
よほどうれしかったのかな? ベストショットでした。

e0196453_10523758.jpg















暖房の前に洗濯したタオルを置くと、ずっとここに居た。
湿気がいいのか? 洗剤の香りがいいのか?

e0196453_10543288.jpg

















私が横になって「トン」と呼ぶと、バタバタと走ってきて、腕の上に頭をのせる。
顔を寄せるとぺロぺロしてくれる。
「義理がたいヤツだなあ」が私の口癖だった。

e0196453_10573410.jpg



















休耕田にクローバの群生を見つけ、小躍りしてしまった。
朝日をあびて神々しいなあ、とおもった。
昨年11月末、霜が下りた日のこと。
こうして朝日のなか、休耕田を歩けるのも、トンのおかげだよ。
ありがとう。 


e0196453_118413.jpg
[PR]
# by aterui55 | 2011-01-03 12:02

初雪ですね~


ひさびさ、家のパソコンに向かっています。

10月29日(金)朝、会社から初雪の西山が見えました。
日々、季節が変化しているんだなあとは思っていたけど、
こうして冠雪を見ると、冬が近いなあ‥‥‥と実感します。
あらためて、山っていいなあ、と思います。

e0196453_1055065.jpg


















うちのカミさんは、9月から静養しています。
日ごとに元気になっていますよ~♪♪
この夏、カミさんが職場(郵便局)に植えたプランターは、
まだ花を咲かせています。
向かいの店の方が水やりをしてくれたおかげです。
ありがとうございます。

e0196453_110496.jpg























自宅の横。
ちょうど通学路になっているので、子どもたちが見てくれれば、
と猛暑のなか、カミさん、せっせと植えた花。
元気に咲いています。

e0196453_1151546.jpg



















今朝、葉つきのニンジンが置かれていました。
地元のSさん。
ありがとうございます。
さっそく、トンにあげます。

e0196453_11104897.jpg
























トンは温風の前がお気に入り。
暖かい風に吹かれながら、念入りに毛づくろいをしている。
ウサギって、自然の中に居るんだから、暑さ、寒さに強いはず
‥‥と思っていたけど、
夏は涼しく、冬は暖かく‥‥それは人間と変わらないようです。
e0196453_11142880.jpg






















トン、うっとりした表情‥‥♪
カミさんになでられて目を細くしてしまった。
いちばん落ち着くんだろうなあ、膝の上が。
もうじき、ずっと可愛がってもらえるから、
待ってるんだぞ、トン。

e0196453_1119447.jpg
[PR]
# by aterui55 | 2010-10-31 11:23

伊澤家の秋景色



あれ~? ネコのように目をつぶって・・・
リラックスしているじゃないか!!
こんな、じっとしている姿は珍しい。
カミさんに撫でられているうちに、うとうとしたトン。
忍び足で近づき、カメラを向けると、うっすら目を開いた。

e0196453_153011.jpg


















こんな顔をすると、そうかそうか、とパイン菓子をやってしまう。
毛玉予防だから、まあ、いいか。

e0196453_1443867.jpg





















2日(土曜日)朝、和賀町の多聞院伊澤家に向かった。
自宅から車で20分ぐらいの距離。
伊澤家には今年7月初めて訪れ、「中尊寺ハス」を見た。
屋敷のたたずまいが気になった。
秋にはどんな風情を見せるのかな?
久々の青空。羽山が間近に、仙人山が右手に見える。
手前は石羽根ダム。

e0196453_1455757.jpg



















伊澤家への道。
秀衡街道をたどる。
線路(北上線)を横切る、というか、またぐ。
ここに来ると、なぜだろう? ドキドキする。
とっても興味をそそられる。不思議な入口だなあ。

e0196453_14564714.jpg





















北上線は、北上市と横手市を結ぶ(61km)。
岩手側の部分開業が1921年(大正10年)というから、89年前のこと。
当時は横黒線と言われた。
この線路が築かれるため、伊澤家が現在地に移転したのだという。

e0196453_1502471.jpg
























秀衡街道を歩いて線路をまたぎ、鳥居方向に進む。
清水が流れている。
コロコロ、コロコロと水の音が心地よい。

e0196453_15136100.jpg
























「中尊寺ハス」の葉は茶褐色に変わっていた。
こうして秋が深まり、霜が降り、雪が積もってゆく。
800年前の種子が開花した中尊寺ハス。
来年も花を見に来よう。

e0196453_153311.jpg



















鳥居を過ぎて、久那斗神社(里宮)へ。
木立に覆われている。
その古道を行く。

e0196453_15488.jpg
























胡桃の木の下に、おばあちゃんの姿が見えた。
この伊澤家で生まれ、今は和賀町に住んでいる。
お歳は? 91歳。 ちょうど横黒線が開通した頃だ。
今日は家族といっしょにやって来た。
その家族は、近くの林へ栗拾いに行っているんだそうだ。

e0196453_1552124.jpg



















「中尊寺ハス」の池の近くで、クローバーを見つけた♪
少しいただきま~す。
人の声も車の音もない。
屋敷ぜんたいが静寂そのもの。

e0196453_15325220.jpg


















1日(金)の朝、早く出社しなければならず、5時半過ぎ自宅を出た。
ちょうど、国見山方向から朝日が出ていた。
朝日を仰げるのも、早起きのトクだね~♪

e0196453_15334918.jpg
























今日は夕日がいいなあ、と会社の窓から西山を見た。
秋が深まっていく。
山々の紅葉も始まっているだろう。
4月、金駒の登山口に行った。
うがい清水、うまかったなあ。
また行こう。

e0196453_15343275.jpg
[PR]
# by aterui55 | 2010-10-03 15:51

トンの挑戦


「トン、なにやってんの!」
カミさんの声。
「え~? 飲むの?」
あらあら、顔をマグカップにつっこんでしまった。

e0196453_20273374.jpg
















「トン、熱かったろ、大丈夫?」
コップから離れて・・・神妙な顔・・・(笑)
やっぱり熱かったんだろうなあ、
それに変な味だったろうな・・・・(笑)

e0196453_2032434.jpg




















カミさんは10月初旬からの治療日程が決まって、
今は自宅静養中です。
食欲がなくなってきたので、更木桑茶(パウダータイプ)を飲んだところ、
胃にやさしい、と続けている。
トンはそれがとってもおいしそうに見えたんだろうね~

e0196453_20335930.jpg
















リンゴがおいしい。
トンは私たちが食べているリンゴも気になるようで、手渡しするとかじ
りだした。
これから主食になりそうだ。

e0196453_20351757.jpg



















トンが食べる野草を毎日のように採取している。
最近、花が咲きだした。
黄色い、菊のような小さい花。
ネットで調べると、tsumiki83さんに教えてもらった「アキノノゲシ」
(秋の野芥子、キク科)でした。
ありがとうございます。

e0196453_20365740.jpg



















もう一種類、最近、トンが好んで食べる草がある。
これも黄色い花が咲きだした。
図書館の野草図鑑を開いたところ、よく似た野草が掲載されてあった。
なんと!! 名前は「ウサギギク(兎菊)」だって???
ウサギの菊???
できすぎた話じゃない? と図鑑をよく見ると、「高山帯の野草」とある。
似てるなあ、だけど、ちょっと違うのかもしれない。

e0196453_20392563.jpg





















瀬川強さん(西和賀町)から頂いたサルナシの枝。
それを何本かに切って、鹿沼土に挿木をしたところ、根が出てきた。
いよいよ、庭に植えた。
花が咲くのは何年後かな? 
実が成ったら、サルナシ酒をつくろう。

e0196453_20411983.jpg





















家の前のエノコログサ(狗尾草)。
ヒョイ、ヒョイと伸びて、何本かある。
これがけっこう愛らしい。

e0196453_20421943.jpg
[PR]
# by aterui55 | 2010-09-26 20:48

うさぎ舞い


北上工業匠(たくみ)祭が9月17日から3日間、開かれた。
会場は北上市相去町の総合体育館。
工業展は3年に1度、開かれている。

e0196453_8512375.jpg

















会場には各社のブースが並び、早朝からにぎわった。
工業と言っても、さまざまな職種がある。
限られたスペースの中では、その仕事を紹介するのは難しい。
みなさん、いろんな工夫をしながら、訪れた方々に説明した。
私は今回、抽選会場を担当した。

e0196453_8521113.jpg

















この人は、会社の社員Kさん。
子どもからお年寄りまで、長~い行列ができた。
アートバルーンを創って差し上げている。
Kさんは、図書館で子どもたちに童話の読み聞かせをしたり、昔ながらの
古い自転車に紙芝居を積んであちこちに出かけている。
古本市にも毎年、参加して販売のお手伝いをしてくれる。

e0196453_8525733.jpg




















工業展の横に、だれでも参加できる創作コーナーがある。
市内の建具屋さん、左官屋さんが、創作をお手伝いしてくれる。
巣箱コーナーでは親子の参加者が多かった。

e0196453_8535093.jpg














銅板で表札を作っている。
このコーナーは大人の参加者が多かった。

e0196453_855111.jpg















完成した表札の数々。
光沢もあって立派。見事な出来栄え。

e0196453_8555624.jpg

















壁にむかって一生懸命。
左官屋さんから塗り方を教えてもらった後、1人で挑戦していた。
今日の体験が、ずっと思い出になるでしょう。
いいコーナーだなあ。

e0196453_857331.jpg
















「さわはん工房」です。
今回、主催者は澤藤範次郎さんに特別出展をお願いした。
工業展というと硬いイメージが強い。
その中に、温かみのある和紙面や玩具を展示して、一息ついて
もらおうと依頼した。

e0196453_8575879.jpg


















白い壁に、数々の和紙の面が掲げられた。
その一つひとつの表情が実におもしろい。
「あれ~♪」「へぇ~♪」と見入る人が多かった。

e0196453_953100.jpg




















展示品の中から、一つ買い求めた。
「うさぎ舞い」です。
自宅に持ち帰って、カミさんに見せると大喜び。
たまたま娘も来ていて、「あら~、すご~い♪」。
二人とも拍手喝さいでした。

e0196453_859173.jpg


















今朝カメラを向けると、珍しくじっとして、すました表情でいた。
偶然にも布バックの前だった。トンの顔写真が入っている。

e0196453_90061.jpg


















これは昨夜、トンが目を細くしてじっとしている姿。
でも、物音がすると、さっと目を開いてしまう。
そっとカメラを向けた。

e0196453_905391.jpg
[PR]
# by aterui55 | 2010-09-20 09:11
line

トンと日に日に新しく


by aterui55
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30